うまくいく人、うまくいかない人 その3

NO IMAGE

探偵の頭に思い浮かんだのが、老獪な狸親爺のようなあの弁護士である。
元検事のあのキャラなら何とかなるのではないか?

そこから、依頼者と弁護士との綿密な計画が始まる。
母親の親権を取り返すだけの十分な証拠、質×量 が両方満たしていなければ、
と言うかなり難題でレベルの高い注文が探偵に課された。
「ジグスさんにお任せすれば大丈夫ですよ。」とは狸親爺のセリフ、かなりプレッシャーかけてくれるじゃないですか、まあ長年の付き合いだから仕方ないが、あとはやるしかない。

10日にわたる調査は山あり谷ありの毎日だった。メンタルの強さだけが取り柄の探偵もさすがに疲れた。
待ち望んだ報告書が出来上がった。
150ページに及ぶ大作である、内容の写真は母親と男性の様子をリアルに撮ってある。しかも、子供たちがその時どのようにして、育児放棄されていたのかも含めての記録である。
まさに、ドキュメンタリーの物語を見ているかのようである。

さて、老獪な狸親父の弁護士はどんな反応をするだろう、この弁護士は仕事きっちりやるタイプなだけに、書類のチェックにもかなり厳しい。
眼鏡を額にあげたり、また、掛けたりの仕草、重要な部分は何度も見ている。
弁護士は報告書をおいて語り始めた。
「ジグスさん、よーくここまで調べてくれた、これなら、依頼人の思う方向に動きます、あとは、我々に任せて下さい。」
同席した依頼者の目には涙が溢れていた。