調査内容

浮気・不倫調査

探偵からのアドバイス
浮気を疑ったらやってはいけないこと  

その①
浮気している事を問い詰めたり、細かく探りを入れたり、カマをかけることはありませんか? 一番やってはいけないことです、本当の事を言う人はいませんし警戒モードに入ります。
そればかりか、逆に相手にこちらの手の内を探られ、浮気が発覚しないように警戒されて必要な情報が入らなくなります。

その②
本人や友人を頼んでの浮気の尾行は失敗が多いのです、増して顔見知りは早い段階で確認されたり、相手が開き直り威圧的な態度に出られたり、暴力事件にまで発展した例は数多くあります。
後から取り返しのつかないトラブルが発生し、問題を益々複雑にします。また、警戒モードに入ったら証拠は益々掴みにくくなります。

その③
携帯電話の通話記録やメール、LINEなどのSNSの記録は浮気の発覚で多いのは事実です。
そこを掴まえたい気持ちはわかりますが、浮気をしている側からすれば、浮気がバレないように最も注意を払っているのがスマホや携帯電話のやりとりです。
メール・SNSや通話記録そのものだけでは浮気(不貞行為)の証拠としての立証はかなり困難です、また、あなたのチェックがばれたら二度と情報が取れません。
これらが原因で、浮気の証拠を掴む前に異常に警戒されたり、相手側から訴えられたりする場合があります。

浮気調査、離婚のための証拠収集など。 24時間対応で対象者の行動を記録します。

 

探偵からのアドバイス
浮気を疑ったらやっておくこと 

調査をするにあたって、タイミングは非常に大切です。
そのためには出来る範囲で構いませんから情報を収集しましょう。

ご主人や奥さんの行動で、怪しい行動や言動があった場合、それらをメモに書き留めておくことが大切です、浮気をしている方は無意識に情報を発信している場合が多いのです。

メモをしていくうちに、何らかのパターンが浮かび上がってくることがあります、それは曜日であったり時間帯であったり、あるいは出張や飲み会、実家に寄ってから帰る行動パターンや友人と会ってくるなどのアリバイ作りの情報、これらを観察をしていくうちに、関連性が見えてくる場合があります。

出来る範囲でかまいませんが、車の走行距離のチェックや、車の中を粘着テープで掃除してみて髪の毛や様々なものが収集できます、中身を観察する。

携帯電話に電話しても出ないし、折り返しもないとかまたは電源が入っていないなど、明らかに様子がおかしいと思ったときは、日時を記録しましょう。

これらのデータをカレンダーに書き込んだりすると、さらにわかりやすいと思います。
そこに家を出た時間、帰宅した時間やその時の出来事や電話やメールなどの連絡記録を書いて行きましょう。
怪しいレシート等が出てきたら日時や店名、コンビニであれば商品名などを記録しておきましょう。

給与明細などから遅刻、欠勤、早退や有給休暇を確認してください、知らされていない内容などありませんか?もし、聞いていない有給休暇や代休、早退などありましたら、それは怪しいと観ていいと思います。この様な記録は、浮気調査の必要の有無と調査のタイミングを読むための重要なデータとなります。

調査日や時間帯を決定するときに、非常に役に立ちます。空振りが少なくなり、効率の良い調査になると思います。
男性の依頼者よりも、女性の依頼者の方が、一般的にはこの様な観察には優れています、家事や男性の身の回りのお世話をしているためです。
男性は外で仕事をしているために中々時間が取れない傾向があるようです。

●浮気・不倫の状況を正確に把握することが解決の糸口です
夫婦間の浮気が原因による離婚の申し立ての場合には、慰謝料・養育費・損害賠償などの関係上、法的な証拠に対応できる資料が必要です。
この証拠資料についても、証拠能力を正しく理解していない探偵業者が多数存在するのも事実です。
調査報告書の内容如何によっては、家庭裁判所において浮気や不貞関係の証拠能力の有無を問われるか、慰謝料の大幅な減額になる場合があります。
それだけに素人判断がいかに危険なものであるか、お解りいただけると思います。
調査の結果を最初から離婚を目的としたものではなく、和解や夫婦関係の改善(回復)に向けた資料として利用していただくことも可能です 。
その様な解決方法につきましてもアドバイスさていただきます。
和解や調停、裁判いずれにしても、正確な状況を記録した調査報告書を依頼者様が持っている必要があります。

●信頼できない探偵社とは
探偵事務所の所在が不明確である。(喫茶店やファミレスなど外で会おうとする)
出された名刺の内容と広告の内容が違う。(会社名が違う、電話番号など)
契約書類を作成しない、口約束が多い。
調査のリスクの説明が全くなく、成功することだけを強調する。
その日のうちに、または期間を待たずに、早い段階で無理に契約させようとする。
同業他社とサービスや料金を比較するのをとても嫌がる。



盗聴器発見・ネット被害・ストーカー・DV被害対策

[ストーカー被害]
警察への相談や助けを求めることは大切です。しかし、被害の証拠が乏しい場合は捜査の遂行まで時間が掛かり、見えない恐怖の存在に怯えなければなりません。
ストーカー調査にて証拠や犯人の特定等を揃えて警察に被害届を提出する、または、裁判所に訴訟を起こすといった行動がストーカーからあなたを守ります。

ストーカー相談事例
・元交際相手がストーカーに変貌し、待ち伏せされたり付きまとわれたり、復縁を迫られている、または強要や脅迫をされている。
・家に帰ると誰かが侵入したような気配が感じられる、知らない間に物が無くなっている。
・ポストに怪文書や意味のわからない手紙などが入っていて恐怖を感じる。
・時々、誰かに後をつけられている様な気配を感じる。

[盗聴器発見]
個人のプライバシーを侵害する盗聴器、盗撮器発見をはじめとするセキュリティ対策全般において、防衛対策で皆様の安全な暮らしをお手伝いします。

[ネット被害]
SNS等においての誹謗中傷やデータの流用など、放っておくといじめや名誉毀損や最近ではリベンジポルノ等大きなトラブルに巻き込まれるケースが増えています、早めの対策が必要です。

[DV(家庭内暴力)被害]
近年、増加の一途を辿るDV(家庭内暴力)、デートDVなど、諦めてはいませんか?
異常な夫婦・恋人関係から早く脱却する事が、自身のためになるばかりか、暴力を振るう相手も救うことになります。
DVの関係を長く続けていると、共依存に発展することがあります。無意識のうちにお互いに依存関係になっていることです、暴力を振るう側はもちろんですが被害者側もいつの間にか相手に依存している例が多く、被害者がそのことに気付くまでは外部に知られないように隠す、または、我慢をする悪循環に入ってしまいます。
暴力を我慢して幸せになった人は一人もいません。
まず、一歩踏み出してください。

●背後におびえながら暮らすよりも、私たちと一緒に解決しましょう。

防犯カメラ設置・身辺警護・いじめ問題・諜報の防止等様々な相談に対応します。
上記項目として記載されていない調査・困り事解決についてもご相談下さい。
あなた自身が決断して解決の道を探さなければ、何も解決しません。



行方調査・所在調査

[行方調査・人探し・所在調査の事例 ] ・息子、娘が家出をした
・遺産相続のため、居所の分からない血縁者を探したい
・別居中の夫、妻が居場所を教えてくれない
・夫、妻が姿を消した、会社にも行っていない
・交際相手が突然に音信不通になってしまった
・離婚、離別して会えなくなった子供や孫に会いたい
・親が余命僅かである、居所の分からない血縁者を探したい
・最近知り合った人は、とても気になることがある、どんな人なのだろう
・離れて暮らしている家族や親戚の様子が知りたい

[債務者調査の事例 ]
・知り合いに借金の肩代わりを頼まれ、金融会社で借金をしてまでお金を貸したが、その後連絡がつかなくなってしまった
・お金を貸していた交際相手と別れる際に毎月の返済を約束したが、約束が守られず、電話やメールも無視され居所がわからない
・知人に金を貸しており、返済が滞り始めたため怪しいと思っていたところ、夜逃げを謀られ、行方が分からなくなってしまった

[思い出の調査の事例 ]
・昔の恩師、恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分からない
・疎遠になっている親類、縁者に会いたい
・悔やまれる別れ方をした、恋人、友人、知人に会いたい
・生き別れになってしまった、親、兄弟に会いたい
・小、中学校時代に仲の良かった友人に連絡を取りたい

家出や行方のわからなくなった家族、大切な人、一刻も早くお探しします。

●スピードある対応で、大切な人探します。
あなたがもっておられる情報が重要な手がかりです、どんな小さなことでも情報を書き留めてお知らせください。
今、あなたが持っておられる情報は、時間が経てば無効になることも考えられます、情報は生き物です、情報として使えなくなることがあることも知ってください。
そうなる前にご相談ください、早めのご相談が解決の近道です。
どんな小さな情報でも見逃しません。



結婚調査(結婚前の婚約者の調査)・身上調査

「この結婚は失敗だった!」などと言うことは誰しも望んでいません、後から後悔するより大切なパートナーになる人だから、良く知っておくべきです。
生い立ちや、評判、借金、異性関係など、意外と知らないで結婚してしまった例はたくさんあります。
離婚理由の上位に上がるのが性格の不一致、しかし、直接の原因は暴力、異性関係、借金、浪費、家族との折り合いなどです大切な結婚を失敗しないために相手の性格や異性関係、金銭感覚、仕事のトラブル、DV、ギャンブル、酒乱、借金、家族関係など不安に思っていることを確認してからの結婚をお勧めします。
結婚は人生の大きな決断です、ちょっとだけ立ち止まって相手を観てはいかがでしょうか?
調査の内容については、相手方には全く知られないよう秘匿調査で配慮させていただきます。

●身上調査は各種民事手続き上において重要な調査です。
慰謝料請求や財産分割、借入金の催促の時、浮気相手の身元特定など、住所氏名の割り出し、電話番号など調査が必要な場合
身上調査とはこのような場合に必要な情報収集です



法人調査・信用調査

■ 主な法人向けサービスの例
・採用候補者の雇用調査
・企業スパイ、機密情報漏洩の特定
・売上金の持ち出し防止
・社員の勤務中の怠慢、虚偽報告
・失踪した社員の捜索
・債務者の転居先調査
・ヘッドハンティング関連
・盗聴盗撮の発見・撤去
・取引先の詳細動向調査 (経営陣、与信)



各種サービス

これまでの探偵社のジャンルにない様な困り事、悩み事にお応えします
相談内容は、守秘厳守で皆さまのプライバシーを保護いたします

[ご相談の内容の一部]
・浮気をしているわけではないが、離婚したいと考えている。
・家族が依存症(ギャンブル、アルコールなど)で困っているどこに相談したらいいかわからない。
・結婚を考えているが、自分は異性からどのように見られているか不安である。
・人間関係がうまくいかなくて悩んでいる。(コミニティー、職場、家族など)
・子供の時からの、ある変わった自身の癖について誰かに相談したい。
・不倫をしているが、発覚して問題が起きる前にやめたい。
・過去に万引きをしたことがある、二度と同じことを繰り返したくない。
・霊障やスピリチュアルについて相談できるところを知りたい。